風の行方

アクセスカウンタ

zoom RSS クローズアップ現代より 「鮮魚の新流通」、高校講座より「流通・貿易と確保」

<<   作成日時 : 2009/02/13 23:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

この2つの番組を組み合わせてみると、国内で生産者と販売者の駆け引きが行われている間に、お隣韓国からIT化された売込みが襲う。もはや隣国のほうが何事にも迅速、というか必死に儲けようとするエネルギーが凄く、感心する。ではクローズアップ現代の方から

島根 松江 ここに大手スーパー「イオン」が’船一艘丸ごと買い付け’を掲げ、漁業者からの直接買い取りを行なっている。
この利点は
@_値の付かない魚も買い取り。
A_漁業者の収入が増える。
B_消費者の食卓が豊かになる。

確かに、水揚げされても捨てられていた小魚も買い取ってくれる。その分と、仲介なしの直接取引により、価格の交渉は漁業者自ら行なえ、今までより1割高で売れるようになった。
スーパー側も1日早く店頭へ並べられ、新鮮さと出所の確かさで消費者に安心して買ってもらえる。
この販売でこれまであまり眼にしなかった魚が並んだ時の対応として、漁業者が食べ方を教え、それを対面販売として店頭で消費者に呼びかける。こうして漁業者側にも、今までは市場に出して終わりだったが、自分たちの取った魚が消費者にどのように届けられるのかと関心を持つようにもなった。

この形態により生じた問題は
・松江の市場に魚が並ばない。他の市場にも物が並ばない。よって、これまでの競りが行なえず、中卸は衰退。
・スーパー側が安い産地に乗り換え撤退した後、元通りの運営が成り立つのか。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

他の形態を取ることで市場の取引量を増やし、売り上げアップを図る地域がある。
<千葉 柏市卸売り>
400種以上の取り扱いを誇る市場で改善したのは
・ちいさな街の鮮魚店に向けて1尾から半端売りを行なう。通常箱売り。
・小売の為に夕方5:00〜3時間注文受付時間を延長。
・目利き漁。ブランドの付いた有名産地以外で上がったマグロなどでも、味のいいものを見定めて、確かな料理を提供する店に絶大な支持を受ける人物がいる。
これらの人物が掘り出し物の新商品を提供する事で名の知れなかった産地の魚の消費を拡大できる。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
NHK高校講座より「流通・貿易と確保」
インターネット利用は米、北欧、オセアニア等で発展途上国では一部のみ。
近年、穀物の韓国からの輸入量が増えている。
IT化で、温度管理、市場調査が徹底して行なわれ、需要をいち早く見極めて売り込んでくる。
農業は今
「絶対距離」「時間距離」「費用」に重点が置かれ人やモノを最大に動かすかが求められるのだと韓国企業家は言う。

////何に付け日本は近くの海外からターゲットにされている。向うの方が技術力も高くなってきている。
国内の地盤、国民の(消費者、販売者)食に対する意識を高めてゆく必要はかなり迫られている、と感じる。////

copylight sato/side-car All rights reserved.    
にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「ガイアの夜明け」 ’捨てられていた魚’’見落とされていた遺跡’それぞれの開拓
<旅離れを食い止めろ!> 今の20代 旅行しない。 お金ない。外に興味ない。家でゲーム。その一方、バンド活動。コミュニケーションをとるのは好き。 ...続きを見る
風の行方
2009/02/27 22:42

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
クローズアップ現代より 「鮮魚の新流通」、高校講座より「流通・貿易と確保」 風の行方/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる