「二十歳の法律ガイド」

////一回りした年ではあるが、日常での法律は何か事が起こらないと関心を持たず、こうして読んでみると’そうだよな’とか’じゃあこの場合は?’と改めて頭に入れておこうと思うことである。何年か前に読んだものであるし、発行後7年くらい経っているようなので改正されている箇所もあるかもしれない。 身近な出来事で起こりうる例について分りやすく書か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「雨のことば辞典」__倉嶋厚

////雨の日の朝、雨音が心地よくて二度寝すると時間が来てアラームが鳴っても気づかないで大変な事になる。 仕事の日の雨は、配達、チラシ配り、営業など濡れるし、視界が悪くて神経を使う。休みの日が雨なら、’何処にも行けない’と嘆く事は殆んど無く、気分が落ち着いて色々考えるのに適している。__では、美しい言葉を学んでみる。//// ・…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

情熱大陸_ノーベル学賞受賞者/小林氏

小林、松川理論は、それまでの沢山の学者達の研究されてきた土台があってのこと。 それはどのような研究でも、仕事でも、人や家を受け継いでいくのと同じ様にずっと続けられてきた事。繋げてきた事。 授賞後、物理学の講演にはこれまでのように関係者だけではない人も聞きに来るようになった。そうなると、物理学を知っている者の中で話すのと違い、’知…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野沢 尚 「呼人」    ~後半 親子の再会、後書き~

例のよって著書の内容説明はしていないので読んだ方でないと 何のことやら??になるだろう。12歳で成長が止まってしまった「呼人」が現れた意味が少し分るか、分らないか。 アミ(母親)と呼人の会話を取り上げているが、この中にその現れた意味があるようなので。 医学的なことも載せられていたので興味のある方にもいいだろう。 <呼人との再会…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野沢 尚 「呼人」 前半[背景にあるもの]

先日、たけしの「昭和のスクープ50」という番組があった。それを見て__ 後世に残すべき事をその場に居合わせたカメラマンや記者は行ってきた。それが自分の追い求める、描いて伝えたいと心に温めてきたものではなくても。 野沢氏のこの「呼人」に関係する浅間山荘事件。「最後の砦」のタイトルにも繋がるような安保や麻原の教団。 このように人の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more