テーマ:教育

森の保育園

森の保育園---デンマーク発祥 日本各地で広がりを見せる、園舎を持たない、1年中野外で遊ばせる育て方。 朝の番組「とくダネ!」の中の1コーナーなのだが、とても考えさせられた。 「想像力」が育まれる。と関心は高い。通わせながらも「小学校に上がった時、運動会も学芸会も初めてだと集団行動に馴染まなかったり、戸惑うのではないか。」と考え…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「C.W.ニコル×浜美枝」 ~NHKの番組より~

長野県にあるニコルさんの育てている森。’アファンの森’と名づけられている。 新緑の美しい木々の中にテーブルと椅子があり、二人は「森」「食」について対談した。 二つのテーマを区切らないで’そうだなぁ’と思う事を書き出した。(書いておかないと忘れるもので..) ニコルさんが小さな時彼の祖母は、 「体の調子が悪ければ樹にしがみ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

「遺骨収集体験ツアー」と「子供達の山村留学」

沖縄戦で亡くなり、身元の分からない遺骨がまだ島のあちこちに眠っている。 NHKの番組だったろうか、何気なく写った画面に見入っていった。 戦中、この沖縄の海岸で、敵の攻撃から1ヶ月の間殆んど食べる事もできず身を隠して生き延びたコウダさんというご老人が、一緒に戦って命を落とし、その後放置され引き取られる事なくどこかに眠っている遺骨の…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

藤原 新也  「名前のない花」続き~

~前回に続く~  <日本人の甘いチベット観> 2002年?ダライ・ラマが訪日。NHKに出演。100分のインタビュー番組のインタビュアの一人として、出演依頼が来る。他に宗教学者の山折哲雄さん。日本では中国に気を使いダライ・ラマをメディアは使わない。というか、暗黙の不文律がある。ダライ・ラマと同席する=中国側のブラックリストに名が記される…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

藤本 義一 「こんな女に魅かれてしまう」

題がらみの内容の部分より、自分は、’この先をどう充実させていくか’が書かれたページにどうしても目がいってしまった。一つ実行できそうな事柄も見つけたので、すぐ始めてみたい。 まずは、著者お得意の言葉の成り立ちから。 <<結婚相手、夫婦の間に必要なもの>> ・昔は夫の事もツマと言った。このツマとは __連れ添う人、連れ添う身。→…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

藤原 新也 「空から恥が降る」

始め、なんてタイトルだろうと思った。ここには、彼が過ごしてきた土地の習性、時代の習性から、幾つかの「恥」が語られている。そして’おまけ’には藤原氏の変わった一面も・・ <日本人は謝る事にあまり抵抗を感じない民族> 中近東の彼らは、どんな局面であっても謝るという事を滅多にしない。 山の潤い一つを比較しても分かるように、人口密度が…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

藤原 新也「僕のいた場所」

同じく尊敬している「白州正子さん」が本の中で”人は風土によって形作られる”と語っていた。 正にこの本で藤原さんもそれを語っている。そして、現代の子供達の育つ背景の歪みを指摘している。教育に関係ある方は読まれるべし。 ★クウェート 砂漠から一転、緑地が現れる。空港から市内へは高速道路 イスラム民族の何千年もの幻影を実現。有り余る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

虐めの実態  山脇 由貴子 「教室の悪魔」より Ver.2

前に、重松清さんの小説「ナイフ」で今の子達の虐めに驚き、関連を求めてある時たどり着いた先で、この本を取り上げていました ’貸し出し中’が続いており、先日やっと借りました。教えてくださった「桜もちさん」とダブるところが若干あるかもしれませんが、思った事を書き出してみたいと思います。 以前の記事はこちら 「教室の悪魔」 <どん…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「今年の目標 」 ~プラス 「伊勢 神嘗祭」など米について~

昨年関って下さった皆様、良い年をお迎えですか。本年度も色々学ばせてください。 元旦、二日、三日と、朝一番に窓から見る景色は、新しい年 という気持からか、ピシィッと背を叩かれる様に澄んで綺麗に見え、心に感じました。 明日からの仕事が始まれば、そこから日常の風景になってしまうのでしょうが、「日々是好日」の気持で過ごして行きたいもので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

satoの誉れ*ニュース 「お金を払って遊びを教わる?」「キャップ&トレード」

12月中旬  <経済> ・外資が日本の中小企業などを買収 中国の勢いが強く、米、英、に続き3番目の位置に上がって来た。 買収された側は「このまま潰してしまうよりいい」と。 する側でも、日本の”細部まで行き届いた丁寧な技術”に驚き、今までどうり、その技術を使える人と作れる場所をそのまま残す方向で考えているケースもあると言…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

芹沢 俊介 「他界と遊ぶ子供たち」

車の中のタバコの吸殻を共同の駐車場などに捨てて言っている行為 食べた容器を未知にそのまま、という行為 どうしてか?と常々思っていたのでこの本を手にした まずその前に、抗菌グッズ、清潔ブーム、潔癖性について ・人の域がかかるだけで汚れたと感じ、一日6回洗髪する女性 ・電車の手すり、つり革に摑まれない人たち ・…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

少しの 懸念   ~この先の子供たちは~

韓国ではインターネットがとにかく普及しており、子供たちのオンラインゲームの依存症が心配されているが、そんな中、年に二回大きな会場でプロのゲームプレイヤーが、トーナメントで戦い実況中継され、凄い人気だそうだ。 国では、研修施設でキャンプの体験を子供たちにさせようとするが、そんな所でも周りの友達と話をするわけでも、自然や景色を楽しむわ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

「教室の悪魔」について

小説「ナイフ」を読んでから、今の虐めの実態を知りたくて探していた時、「教室の悪魔」と言う記事のページに行き当たり、書いたものです。 その記事は↓ http://imgladseeyou.at.webry.info/200701/article_10.html 桜もちさん、始めまして。皆さんのコメントからだと半年以上経ってい…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more