テーマ:

山里一晴 「夢 心の映像化---ユング心理学と夢の構造---」 ~後半~

宗教では、人に器があるように、運にも器がありいつまでも運がよいとは言えない。 前世に良い行いをし、現世でその報酬として運はよくとも使い果たせば運は落ちる。だから日々を反省し精進する事が大切。慢心することなく。 <日蓮上人 妙法尼御前御返事>の中で 「まず 臨終の事を習うて 他事を習うべし」---死ぬ時になって後悔などはせず、信…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

山里一晴 「夢 心の映像化---ユング心理学と夢の構造---」 ~前半~

無意識の領域とは何だろう。脳と夢の関係。謎の世界だから興味がある。 <ニーチェ(ドイツ哲学者)>---夢と言うのはその世界においてあらゆる形相が我々に語りかけてくれる。不必要なものなど何一つ無い。 ・科学者にはモノゴトを客観的に見つめる目と立証するものが必要。独断と偏見は禁物。 ☆「舌頭に骨なし」---物を口に入れる。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more