テーマ:音楽

音楽療法

__「感じて直す」__ ・音に癒される 「ボドルスキー音楽療法」---1954ニューヨークで出版された「音楽療法」               どんな病気、症状にどんな音楽を処方すればよいかを示した。 <不安神経症>---ガーシュイン「キューバ序曲」、ビゼー「幼児の遊び」 <うつ状態>---リスト「ハンガリー狂詩曲第2番」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「マイケル・ジャクソン」  ~スマステより~

噂も人気も絶えないマイケル。彼がお気に入りではないが興味はある。好奇心で見始めた。 マイケル・ジャクソンは以外にもオリジナルアルバムはこれまでに5枚しか出していない。それらの売り上げ等を教えてくれた。 ・'79 「Off the wall」---全世界で2000万枚の売り上げ  マイケルの収入は82億円 ・'82 「Thr…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

女性ボーカリスト:ベストバラード(スマステ) / ELT (Songs)

何時ぞやのスマステで女性ボーカリストによる「ベスト バラード」を発表していた。 どんな物かと見てみると ?位  マイ リトル ラバー「Hellow again」 22位  安室 奈美恵 「Can you seleverate」 18位  イルカ  「名残り雪」 16位  中島 美嘉  「雪の華」 12位  高橋 真理子 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「'80年代 洋楽ポップス Best30」    ~スマステより

カールスモーキー石井を迎えて発表されたランキングはこうだった。 30位 ジャネット・ジャクソン 「リズム・ネイション」 29位 リマール 「ネバー・エンディング・ストーリー」 28位 USAフォーアフリカ 「ウィー・アー・ザ・ワールド」 ---日本では18億円売り上げた。45組のアーティストによる伝説の歌。プリンスがドタキャ…
トラックバック:3
コメント:2

続きを読むread more

「マゾヒスティックな人格」 ~続き

_____もう一つの観点からマゾヒストを見る______ ・「抑欝気質」----おおまかに「分裂気質」「抑欝気質」「粘着気質」の三分類に分けられる。 ※(パーソナリティーの基盤。遺伝的であり、容易に換えられない。) ・ミロンの14分類のパーソナリティー障害のうち、「依存性パーソナリティー」「自虐性パーソナリティー」「強迫性パーソナ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

藤原 新也 「空から恥が降る」

始め、なんてタイトルだろうと思った。ここには、彼が過ごしてきた土地の習性、時代の習性から、幾つかの「恥」が語られている。そして’おまけ’には藤原氏の変わった一面も・・ <日本人は謝る事にあまり抵抗を感じない民族> 中近東の彼らは、どんな局面であっても謝るという事を滅多にしない。 山の潤い一つを比較しても分かるように、人口密度が…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

思い入れのあるアーティストとの自分史

・たまに聞くといい 米々 ”狂わせたいの” こんなのりのいい曲は特に。 こういう人たちがいないとね。一緒に踊るファンの人もパワフルで. ・チャゲ&飛鳥「恋人はワイン色」も、何処かの番組で、久々に聞いた    昔GBという音楽雑誌を読んでいて、尾崎 豊、米々クラブ(復活してますね)、渡辺美里(今でも現役 変わらぬパワーは’がんば…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

藤原 新也「映し世のうしろ姿」

自分の中にのこった文面を書き出してみた。 ・一人の若い看護婦が下の世話をするほどの老人の看護を担当していた。 ある日見舞い客が着てその老人の元気だった頃の話を聞く。 まるで自分の祖父そっくりの人生を送った人だと知る。 それまで患者達を病人としか見ていなかった事と、「それぞれの長い人生があった」という当たり前の事に気づき、一人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ウルルン滞在記」を見て感じた事

最近の TV「世界ウルルン滞在記」SPを見て思うことがあった。どこかの国へ行き、こんな人達と出会った~。だけではなかったからだ。 まず、ブラジル カノエ族の住む村へ___ ・今でもブラジルでは一分間にサッカー場二個分の森林が伐採されていると言う。 ・かつてのカノエ族は60~70人いたが、開発者によって殺され、今では3人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

L'Arc~en~Cielと朝倉文夫  +色

 先日テレビで彫刻家の「朝倉文夫」さんの記念館を放映していた。 谷中という土地に黒のタールで塗られた外壁。それでいて重過ぎない。 エントランス上には、考える人のような膝を抱えた彫刻が訪問者を見下ろしている。 その彫刻が・・・!!  何処かで慣れ親しんで見ていた___そう、L'Arc~en~Cielの 「REAL」のジャケット…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「第34回★思い出深い「卒業の歌」」について

「第34回★思い出深い「卒業の歌」」について <卒業>と言っても色々ありますが、記憶にあるのは  杉山清貴&オメガトライブ「First Finale」  TMネットワーク「Electric Prophet」・ 「Nights of The Knife」  L'Arc~en~Ciel「虹」 です。 copylight s…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more