テーマ:経済、社会

「経済羅針盤」 ’年輪経営(ゆっくり成長)する会社’

伊那食品工業の塚越氏がゲスト。この社の方針は現代にこそ生かされるべきでそのように結果が伴っている。 利益ではなく「社員の幸せ度」を上げることが1番だと。その社の行動の一部が以下のとおりだ。 ・休憩時間、社員の集う部屋には会社から支給されたおやつが各テーブルに並び和やかに雑談。。 ・2年に1度、社員の海外旅行。 ・車で通う…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「シェアリング」  ガイアの夜明けより~

’不必要な出費はしたくない’世の傾向は生活の身近なものに「切り詰め」を考えさせるようになった。 前には「ルームシェア」という言葉が聞こえ、ドラマ中の設定としても良く使われた。気の合う人とならして見るのもいいかな、と思ってみたこともある。 色々なシェアには「セッティング」という言葉も含まれるようだ。それを手がける人達を追っていた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

農業政策を考える

初めてTBSの「 1ステップ」という番組を見た。みかん農家の収穫を手伝う若者を追った番組だった。 みかん栽培には、手間ひまが掛かり、怠らず愛情もって接して栽培されたものが自分の手にも届くのだと思い知らされた。では「1ステップ」より 人材コーディネーターしているのかな? 愛媛県八幡浜市 みかん農家 みかんは10日ほどで一気に収穫…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

崩れた「中国依存」と期待の日本の開発「氷感庫」

リサイクルがもてはやされる魁となった「ペットボトル」ゴミの分別が浸透し、回収率が高まっているがその先が問題に。まずはこの1つ目のお題から。 「クローズアップ現代」より ’崩れた「中国依存」’ ペットボトルのリサイクルはもう当たり前のように行なわれているが、この回収分を国内のメーカーではなく中国へ輸出していた為、メーカーは運営が先…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クローズアップ現代より 「鮮魚の新流通」、高校講座より「流通・貿易と確保」

この2つの番組を組み合わせてみると、国内で生産者と販売者の駆け引きが行われている間に、お隣韓国からIT化された売込みが襲う。もはや隣国のほうが何事にも迅速、というか必死に儲けようとするエネルギーが凄く、感心する。ではクローズアップ現代の方から 島根 松江 ここに大手スーパー「イオン」が’船一艘丸ごと買い付け’を掲げ、漁業者からの直…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

’付加価値を付ける’ 「旭ガラス」 「いきものが作った米」

「経済羅針盤」より 旭ガラス---創業101年 自動車、住宅、家電に使用されるガラスを生産。海外 14カ国27ヶ所へ供給している。 この所の景気の後退は今までになく、急激で、世界的に、全商品に起こっている。 旭ガラスの需要は昨年の35%ダウン。米の自動車関連品は25%下がり、現地のガラス工場7工場のうち3工場を閉鎖。 加えて、日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「水」に関する2つの技術

一つは「再生水」。日本は土地開発が進み、高度成長期より工業も発展して環境問題も経験してきたが、まだまだ山林が多く、水にはあまり事欠かない。海に囲まれた地形から、塩や魚、海藻などの恵もいただける。 しかし世界では生活水、生命維持の飲み水さえも確保できない土地もある。その解決策になりうる取り組みと、水の持つ力を有効利用に着目した貢献者の話…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これからの社会へ「未来企業家」 「集落支援制度」

NHK未来への提言 未来企業家という視点から新しい支援法を紹介していた。後半は違う番組から日本での支援を取り上げてみる。  ワシントンの社会企業家---代表/ビル・トレイトン 現在64歳、CO2排出権取引を打ち出した人 カーター大統領の時代評価を受け案を進められたが、レーガン政権になり環境対策費を削減した。彼は理念と実行が大事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NHKスペシャル 世界回転寿司戦争 激突!寿司VS欧風スシ

海外への回転寿司出店の魁となった「元気寿司」今では世界250店舗。始めは香港、台湾、インドネシアから進出した。 回転寿司は原材料費が高い。1皿\4.3-の利益。世界100社以上の水産会社と交渉する。 仕入れのポイントは ・どの国でどのネタが売れそうか。 ・今後の店舗拡大に伴い、安定して供給できる材料確保。 ネタの好みの違い…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

NHKドキュメント日本の現場 鹿児島 ’巨大スーパーAZ’

番組タイトルは「千客万来 町の不夜城」 鹿児島 阿久根市 市の中心部から5Km離れた丘陵地。人口24,000人の東シナ海に面したかつて漁業が栄えた町。今は高齢化が進み過疎の町に24時間営業の巨大スーパーが11年前に出来た。16万平方km、東京ドーム3個分の敷地内にはディスカウントの酒屋、食料品、ドラックストアー、ホームセンターなどが集…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

フィンランドという国 ’ノキア’という企業

前回、前々回に関連する事がTVアサヒで流れていたので少し。 かつて世界恐慌?で失業者が増えた。それを7年で復興した。ハイテク研究、教育に重点を置いた国。 ’揺りかごから墓場まで’といわれる基盤は1960年~社会福祉に重点を置いたことから始まる。 人口524万人。寡黙な人が多い。 携帯電話の「NOKIA」世界最大のメーカー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NHK 「未来への提言」より レスター・ブラウン’低炭素化社会’

環境学者レスター・ブラウン氏に藤原紀香がインタビュー “低炭素社会への道” 今、環境に対して各国がどのように進めているかを分りやすく紹介してくれた。 <米>---シリコン・バレー 環境、自然エネルギー関連のITに係わっていない企業は無い。従来のIT産業から方向転換。 ---ニューヨークの高層ビル群 あるビルに入ると、階段状…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ガイアの夜明け 「捨てられる野菜を生かす」

この所見る番組には’捨てられる食料’’未利用の食料’を生かそうと扮装する現場を取り扱うものをおおく見る機会が多い。その流れの番組を又一つ。 <岐阜県 「八尋産業」> 減圧乾燥機という30℃~40℃で食品を乾燥し、従来のフリーズドライ製法と違って食感を残した画期的な乾燥機を造り上げた。1台1億円以上といわれるフリーズドライを作り出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

有害物質に塗れた輸入食品を受け入れている日本人

食の安全について、先日新聞で目にした知らなかった実体に改めて驚いたので書き加えたいと思う。 昨日書き出した「事故米」と関連する事でもあり、終わりのコメントは同じ内容になってしまったが。 「汚染された輸入食料品」 ・厚労省「輸入食品等の食品衛生法違反事例」(2008.1~9月)では中国を除きアジア8カ国の違反で輸入差し止め件数は…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

「ガイアの夜明け」より  ’ウツ’’事故米’

2回分の放送を絡めて考えてみた。働く者によく見られるようになった「ウツ」。そしてもう一つは「食品偽装」。この二つに施される治療は?そのようなことを今の状況の中で。 ~~~~~ ・雇用社員の間にウツの症状が現れ出勤出来なくなった者は、表立って騒がれてはいないが年々増えており、会社としては新規の社員を雇うより、勝手を知った社員達に戻…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

satoの誉れ*ニュース 12月上旬 「数字の入ったショートメモ」

<生物編> ・ホッキョクジリス 凍結した中でも冬眠できるよう体を氷点下に出来る。8ヶ月冬眠する。 ・ツバメはまたおなじカップルが来るとは限らないのだそうだ。 生まれてから10日程の目が見え出すまでは、親が一日300回以上えさを運ぶのだそうだ。 ・琵琶湖ではブラックバスにより6年前フナが取れなくなった。 <経済編> …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「NHKドキュメント現場」 300円の定食

横浜 寿地区---ここには生活保護者が多く、居住者は6,000人あまり。その一角に「さなぎの食堂」がある。 日替わり定食が\300- 前に「フードバンク」と言う組織を知ったが、同じ様に、食べられるのに棄てられてしまう食材を確保しそれを調理して提供している。 ・外資系のスーパーの売れ残りはNPO職員が持って来る。傷んだ部分を取り除…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ミートホープ食品偽装の真相 +中国の食品偽装

食品偽装の内部告発でずさんな生産をしていた「ミートホープ」の実体を告発した本人を出演させてのTV放送から、当時騒がれていたが詳しくは知らず、この番組で新たに驚いた事実があった。 1Kg--30円の肉。一部は腐っており3段階の処理を行い使用していた。 ①_傷んだ部分を切り取る。 ②_脱臭効果のあるオゾン水につける。 ③_次亜塩…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

「ガイアの夜明け」 匂いをビジネスに

アロマテラピーの言葉も定着し、各地で試験も行なわれている。 社会での使用の幅も広がりを見せる中、エステの範囲から又違った人間の身体への働きかけが進んでいることを面白く知った。 ・「カルモア」---この会社は400万種あるといわれる臭気を嗅ぎ分ける’臭気判定士’の社員が、個人や企業の依頼で調査し悪臭を無くす業務。 ・「プロモ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

環境問題  ’スーパーラット’他

各地のニュースで焼き牡蠣を楽しむ様子を見る機会が増えた。この美味しそうな牡蠣は「森」が元気でないと育たないという。そこでちょっとずつ耳にしていた環境の聞き覚えを書き出してみた。 ・森の栄養を受けた水が川となって海へ注ぐ。この水には海水の30倍ものプランクトンが生育するという。川の水が交じり合って海の栄養を育んでいる。 ・富山…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

satoの誉れ*ニュース 11月中旬編 「大麻」問題から

・先頃から登場回数の多い「大麻」。所持や栽培。ここが入り口となって他の麻薬にも手を出す流れがあるという。 広がる背景は多分複数の要素が複雑に絡んでおきているのだろう。それでも自分が感じるのは「物の大切さ」「情報、製品社会」「孤独」という事。 物の大切さ---大量消費、大量生産で物は飽和状態。何処からでも何でも手に入る。誰が何処で…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ジャーナリスト 筑紫哲也さん 特別追悼番組を見て

筑紫さんは最後まで足掻いていた。自分はどう在るべきか。何を伝え、どんな言葉メッセージを残すべきか、残してゆけるか。 表面は政治にしろ生活にしろ変わっていないように映るが、「心」に残るもの。それを’発し続けた’。 最後の”多事争論”で語った事 TVでのキャスターのコメントは30秒が限度。しかし「多事争論」は90秒。言えばルール違…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地方の産物に熱い注目

「地方でがっちり」 ---産直で100億? ・千葉県稲毛 地元農産物直売所 わくわく広場 ここでの売り上げ年間120億円 このような形態で埼玉、千葉に50店展開。 農家の人が取れたものを持ってきて並べる。---→仕入れの必要なし。値段は農家の人が決めてシールを貼る。売れ残りは持ち帰り---→在庫を抱えなくていい。 納入された商品…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

文化を繋げる---「筆の白鳳堂」、「越前和紙」、「画家/西島伊三郎」、「花師/安達瞳子」

「西島伊三郎」---’みんなのうた’に出てきそうなわらべの絵を描いた人 彼のホンワカした作風を見たら、特に40代より上の方は、昔の記憶が思い起こされるだろう。 幼い頃近所の仲間と遊んだ、「竹とんぼ」「風車」「トンボとり」、舗装されていない学校からの帰り道や、川原の土手。 彼がこのような作品を多く描いているのには現代に生きる大人…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「迷惑な支援」   ~クローズアップ現代より

[先日のクローズアップ現代で取り上げられていた、本末転倒な話。年末から3月までの、必要があるのかないのか分らない道路工事のように現地では「もう掘り起こすのは辞めてくれ。」と思われないように行動すべきと考えさせられた。] まともな水が飲めない人が6割を占めるカンボジア。 近年、現地で井戸掘りの協力をすると、参加した自分の名前をその…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「CCS技術」  低酸素社会・温暖化対策

二酸化炭素の分離、回収、貯留---CCS技術 化石燃料によってエネルギーを発生させる「火力発電所」「製鉄所」などはCO2大規模排出源。将来は化石燃料に依存しない社会構築が望まれるが実現に至るまで、化石燃料を使用しながらもCO2を出さない仕組みが求められる。そこで’つなぎ’として地中、または海岸へ貯留する技術が利用された。 I…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

未利用の食材に目を向け地域活性化を

「経済羅針盤」「ガイアの夜明け」「情熱大陸」等のTV番組が関連した内容だったため纏めてみた。 <佐世保の漁港と生協の未利用魚販路開拓>  港に揚がった「規格外」の魚は安く買い叩かれるか、捨ててしまう。もったいないが収入にはつながらない。どうにかならないか。 そこで小魚を港で下処理をし、形が分るように真空パックする作業までを…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

satoの誉れ*ニュース 10月後半編 「食・医療・の安全」「TVドラマ」

~~経済、社会編~~~ __自殺者「10年連続3万人」この数値はどう受け止めればいいのか。今年7月「自殺実体白書2008」と言うものがNPO、弁護士、精神科医らによって纏められたそうだ。それによって分った事を解説していた。 ・自殺者の性別、職業は各県によってばらつきがある。 ・自殺に至るには複数の要因が重なって起こるもので、1…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

情熱大陸 「ブックディレクター 幅允孝」さん

本のソムリエ。空間デザイナーのようでもある。 本の売り上げアップを図るディスプレイ。読む者の好奇心をそそり、購買意欲を上げる。思わず’ついで買い’をしてしまうように、話題や関連性を持たせて展開させる。 ・あるデパートの1F、中央のディスプレイを本を使用して作る依頼。よく目にするまんが雑誌で構成されたコーナーには人だかりが。品格あ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NHKTV「熱中時間」 渋谷のロッカー暗渠を探す

暗渠---水はけを良くする為地下に作った水路 この暗渠を見つける事に熱中する金髪のロックミュージシャンが今回の主役。  渋谷の地下を流れる川。かつて「春の小川」として歌われた名残の水路は今やコンクリートになり、下水道と化し、その上はビルや住宅が立ち並び道路が通り、車や人が行き交う。そんな路地をくまなく歩き、かつてここに川が流れて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more