テーマ:健康、医療

多田富雄「免疫の意味論」+ ドラマ「ヴォイス」より

免疫の最大の働きは自己を決定する、確立すること。 例)受精したニワトリの卵の中の胚の部分。そこには将来色々な体の部位に発展していく神経管という管がある。 腕に発達するであろう所の腕叢(わんそう)の部分をウズラの腕叢の神経管と取り替える。その生まれたひよこは、形は他のひよこと変わらない。が、ウズラの腕を持ったひよこ。羽だけが黒い。…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

過去の新聞のコラムから_食品編_ 「FK23(乳酸菌)」

FK23---人の腸内から分離した乳酸菌(エンテロコッカス.フェカリス) 人の腸内では糖類から乳酸を作り、有害菌の繁殖を抑えている。 腸球菌の一種。タンク培養し、熱水抽出、乾燥した死菌。粉末を製品化したものは薄甘い白い顆粒。 これを飲むと腸管の免疫力が高まり全身に作用して疲れにくく、風邪を引かなくなり食欲が出る。また、高血圧の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小野瀬 健人 「食べない心」と「吐く心」、帆秋 善生 「拒食症と過食症」

どんな過程を経てこのような症状を起こすのかが書かれているが、女性が読む前提で書かれているようだ。 心と脳、それが身体へと作用するが、進んでいくと日常生活に支障をきたすのは間違いない。 心の傷---→脳の視床下部にある食欲中枢を狂わせる。(視床下部を痛めつける傷)---→自己否定、自己嫌悪を引き起こし、無意識の自殺願望が生まれる。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

有害物質に塗れた輸入食品を受け入れている日本人

食の安全について、先日新聞で目にした知らなかった実体に改めて驚いたので書き加えたいと思う。 昨日書き出した「事故米」と関連する事でもあり、終わりのコメントは同じ内容になってしまったが。 「汚染された輸入食料品」 ・厚労省「輸入食品等の食品衛生法違反事例」(2008.1~9月)では中国を除きアジア8カ国の違反で輸入差し止め件数は…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

「ガイアの夜明け」より  ’ウツ’’事故米’

2回分の放送を絡めて考えてみた。働く者によく見られるようになった「ウツ」。そしてもう一つは「食品偽装」。この二つに施される治療は?そのようなことを今の状況の中で。 ~~~~~ ・雇用社員の間にウツの症状が現れ出勤出来なくなった者は、表立って騒がれてはいないが年々増えており、会社としては新規の社員を雇うより、勝手を知った社員達に戻…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

 「カラーセラピー」 +「食材療法」

カラーセラピー__色が脳や体、精神に及ぼす作用を活用する ・色の三要素---「色相」「明度」「彩度」 色相は光の波長によって決まる。明度は明るさ。彩度は色の鮮やかさ。その色が持つエネルギーの大きさ。これらの組み合わせで色の持つイメージを決める事が出来る。 <色の持つイメージ> ・生理的な作用の他に、記憶的メッセージ、知識…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

「ガイアの夜明け」 匂いをビジネスに

アロマテラピーの言葉も定着し、各地で試験も行なわれている。 社会での使用の幅も広がりを見せる中、エステの範囲から又違った人間の身体への働きかけが進んでいることを面白く知った。 ・「カルモア」---この会社は400万種あるといわれる臭気を嗅ぎ分ける’臭気判定士’の社員が、個人や企業の依頼で調査し悪臭を無くす業務。 ・「プロモ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドラマ「コード・ブルー」最終回 +「トリアージ」

ご存知の方には言うまでも無いが、ヘリで災害現場に急行し救急治療する医療を取り上げ、新しく配属された男女2名ずつがメインで、補佐する看護士、経験豊富な先輩の先生達、ヘリ操縦士や現場状況やヘリの離陸の連絡をするスタッフ、そしてこれらの人に関る関係者によって織り成される話。  脚本はあの林宏司が手がけている。 「医龍」と比べてしまうが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more