テーマ:戦争

映画 「告発のとき」

主人公が国旗をポールに通し下向きに掲げる場面から始まる。 定年退職して何処かの施設の雑務係かと思ったが、彼は息子を探していた。イランへ赴き国に帰ってきているはずの息子が失踪。その後バラバラに切断され焼死死体の姿で発見される。 誰によって何故殺されなければならなかったのか。 その過程には息子が現地から送ってきた映像が1つのキーポ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

村上由佳「星々の舟」を読み終えて ~   戦争について考えさせられました

この著者も有名ですね。でも今まで読む機会がありませんでした。 読み始めは、文庫本の帯に書かれてあるように、[それぞれが抱える心の傷・・それを悲しんでいるだけではなく、懸命に強く生きている」と書かれてあったような気が・・。 読み始めは、登場人物一人ひとりの今までの出来事が一つの章ずつに区切られているので、同じ内容の同じ文が出てきた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more