風の行方

アクセスカウンタ

zoom RSS 農業政策を考える

<<   作成日時 : 2009/02/17 23:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

初めてTBSの「 1ステップ」という番組を見た。みかん農家の収穫を手伝う若者を追った番組だった。
みかん栽培には、手間ひまが掛かり、怠らず愛情もって接して栽培されたものが自分の手にも届くのだと思い知らされた。では「1ステップ」より

人材コーディネーターしているのかな?
愛媛県八幡浜市 みかん農家 みかんは10日ほどで一気に収穫する。高齢化などで人手不足。1年かけて育て、実ったみかんも収穫が追いつかず諦めなければならないこともある。雨の中摘み取ると腐りやすいので更に収穫日数が減る事も。
そこへ番組側がセッティングし、関東近郊の大学生や社会人を集め体験労働で作業を手伝う支援を行なった。

今回は60代のご夫婦のみかん畑を4人の若者が手伝いに訪れた。
奥さんが摘み取り方を指導する。
1度ハサミをいれへたのすぐ上を水平に切りなおす。凹凸を残しとがったままだと他のみかんに傷をつけてしまう。それとみかんが生る枝に来年花が咲き実を付ける「芽こぶ」があり、それを残して摘む事を教わる。

このご夫婦の畑で栽培されているのは「南柑20号」と呼ばれる品種で、通常のみかんより収穫時期が短い。摘み取って倉庫へ運び1〜2週間貯蔵する事で酸味が抜け甘さが増し美味しいみかんに仕上がるという。

お父さんは無口だがお母さんは「自分たちが愛情込めて育てた木が沢山のいいみかんをつけてくれると嬉しくて、重労働だが楽しい。」手早く食べてくれる人の手に美味しく実ったみかんを丁寧に摘み取っていくお父さんたちを見ていると、番組進行者が両手を合わせて用意されたみかんを「いただきます」といってから食べ始めた気持ちがよく分る。

若者達が’今日は4人で100箱目指してお母さん達を助けよう’その気持ちが突然の雨で断念。雨は大敵。彼らたちは「これほど雨を恨めしく思ったことは無い。」と。
雨への思いもそれぞれの人に違う思いで受け取られるのだと改めて感じた。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~^

・ある番組で、仏では援助(助ける)とは相手に軽蔑の意が含まれる。だからこのNPOの関係者は’手を貸す’のだと言っていた。
政府の手の届かない所を我々ボランティアが埋めているのではない。きちんと行なわれるよう発信していくのだ。とも語った。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
NHKの番組から「外国人の提案」で
・19〜29歳までの間に1年間農業に従事してもらう「徴農制」を設けたらどうか。との意見があった。
人手不足解消、食料自給率アップ、地方活性化が図れるだろうと。

他のゲストからは問題点も上げられた。
「作っても高い販売ルートがないとやっていけない。所得が得られないと魅力も無い。関心があっても行かない。」と。それに対し提案者は重要性を繰り返し語った。
「楽しさやしんどさも分り、意識変革できる。この期間の中で、今現在の従事者が全く農業初めてという者も含む若者に指導し作業を重ねる事でお互いの意思の疎通から、おもいやり、地域への貢献と頼りにされることで若者や高齢化が少しずつ緩和されるのでは。」と。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

NHK夜中の番組 「地球特派員スペシャル」より
英---農業のあり方を考え直すという対策。
英北部 カンブリアンサ 
ヤギや羊などの放牧で年収240万円。+国から農業従事者への補助金290万円。
環境保護地として70万円、農地の条件負立地として540万円、伝統建物維持に対して100万円の
計1,000万円が農家一世帯に支給される。

農地が田舎の自然、環境景観を守っている事に英国はお金を支払う。国土の75%は農地。環境生物保護の地域としている。

////このように農業、或いは漁業で我々に与えられる産物は生命を繋ぐ大事なものであり、同時にそこに済むほかの動物達にも必要な土地である。
外国では’自然を支配’してこれまで歴史を重ねてきた。日本は’自然を畏怖’し、’自然とともに’生きて来た。それでも英の政策や、農地の重要性を認め、このような配慮で示しているのを知らされると、日本は日本人が元々持っているこの大切な心を何所へやってしまったのかと情けなくなる。
どうぞ食の有り難味を日々感じる為にも、自然をこの先も守り里の風景を失わないためにもいい政策を整わせてほしいものだ。////

copylight sato/side-car All rights reserved.  
にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
農業政策を考える 風の行方/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる